1 - 20 ( 22 件中 )  [ / 1 2 / 次→ ]


木乃伊取りが木乃伊になる
みいらとりがみいらになる
意味
人を連れ戻しに行って連れ戻される立場になったり、説得しようとした者が説得されてしまうことのたとえ。

身修まりて後家斉う
みおさまりてのちいえととのう
意味
自分の言動を整え正しくすることによって、はじめて一家がきちんと治まるということ。
類義語
修身斉家治国平天下

身から出た錆
みからでたさび
意味
刀身から生じた錆が刃物の価値を損なうことで、自分の悪行が原因になって悪い結果が自分に振りかかるたとえ。
類義語
悪事身にかえる / 因果応報 / 自業自得 / 平家を滅ぼすは平家

御輿を上げる
みこしをあげる
意味
それまで座り込んでいた人が立ち上がること。また、動こうとしなかった人が、何かに取りかかること。
類義語
御輿を押し立てる

水に燃えたつ蛍
みずにもえたつほたる
意味
水の上を狂おしく光りながら飛び回る蛍。「水」を「見ず」にかけて、恋する相手に会えなくて、狂わんばかりに恋焦がれている状態を喩えていう。

水の恩ばかりは報われぬ
みずのおんばかりはむくわれぬ
意味
水の恩恵はあまりに大きくて、それにこたえることはできないということ。
類義語
親の恩はおくっても水の恩はおくられぬ。

水を乞いて酒を得る
みずをこいてさけをうる
意味
望んでいた以上のものを手に人れることのたとえ。

味噌を付ける
みそをつける
意味
味噌が器に付着していると見苦しい。そこから、面目を失うような失敗をすることのたとえ。しくじってしまうこと。

見たと嘗めたは大違い
みたとなめたはおおちがい
意味
見ただけと、実際に味わってみたのとは大きな違いがあることから、外見と内容がひどく異なっていることのたとえ。
類義語
聞くと見るとは大違い / 聞いて極楽見て地獄

三たび肱を折って良医と成る
みたびひじをおってりょういとなる
意味
自分の肱を何度も折ることで苦痛を味わい、治療する経験を積んたのちに、はじめて優れた医師になれるという意味で、苦労を重ねなければ立派な人物には成長しないというたとえ。

三度吾が身を省みる
みたびわがみをかえりみる
意味
一日に何度も自分の言動に誤りがないかを反省するということ。
類義語
三省

三日天下
みっかてんか
意味
わずかな期間だけ政権を握ること。また、高い地位や大きな権力を手に入れても、すぐに失うこと。
類義語
三日大名

身に過ぎた果報は災いの基
みにすぎたかほうはわざわいのもと
意味
分不相応の幸せは災難を招くことになりやすいから、気をつける必要があるということ。また、自分に合う程度の幸せがよいという意味もある。
類義語
大吉は凶に還る

見ぬが花
みぬがはな
意味
何事も、まだ見ないうちに心の中で想像しているときのほうがよいのであって、現実になってみると落胆することが多いということ。
類義語
見ぬうちが花 / 見ぬが心にくし / 待つ間が花 / 聞いて極楽見て地獄 / 見ぬ物清し

見ぬは極楽知らぬは仏
みぬはごくらくしらぬはほとけ
意味
不愉快なことでも見なければ極楽にいるように穏やかな気分でいられるし、知らなければ仏のように柔和な顔をしていられるということ。また、極楽に行った人も仏に会った人もいないことから、存在するかどうかわからないもののたとえとしても用いられる。
類義語
聞けば気の毒見れば目の毒 / 知らぬが仏

見ぬ物清し
みぬものきよし
意味
実際に見れば汚い物でも、見ないうちは気にならずに平気でいられるということ。
類義語
見ぬ事清し / 見ぬが花 / 見ぬほど綺麗な物はなし / 知らぬが仏

蓑笠はてんで持ち
みのかさはてんでもち
意味
各人が使う物は、それぞれ各人の負担においてするということ。

身の程を知れ
みのほどをしれ
意味
自分の身分や実力から考えて、そのことをしてよいかどうかを判断しなければいけないという戒め。
類義語
鵜の真似する烏 / 人真似すれば過ちする

耳の楽しむ時は慎むべし
みみのたのしむときはつつしむべし
意味
他人からお世辞を言われていい気になどなっていると、思わぬ落とし穴にはまることが多いから注意しなくてはいけないという戒め。

見目は果報の基
みめはかほうのもとい
意味
顔かたちが美しい人は、それが幸せを招く原因になるということ。
類義語
見目は果報の下地 / 見目は幸せの花

1 - 20 ( 22 件中 )  [ / 1 2 / 次→ ]


人生 人間 男と女
日常生活 社会 自然
50音別

このページの先頭へ