1 - 7 ( 7 件中 ) 


来年の事を言えば鬼が笑う
らいねんのことをいえばおにがわらう
意味
来年のことをあれこれ推測して言うと、人の運命を左右するという鬼がせせら笑うということで、将来のことはだれにも予測できないことのたとえ。
類義語
明日の事を言えば鬼が笑う / 三年先の事を言えば鬼が笑う

楽あれば苦あり
らくあればくあり
意味
楽しいことがあったり、楽をしたりしたあとには、辛いことや苦しいことが必ず巡ってくるという意味。苦楽ともにあるのが人生だということ。

楽が身に余る
らくがみにあまる
意味
分に過ぎた安楽は、人を駄目にするということ。
類義語
小人間居して不善を為す / 暇ほど毒なものはない

楽は一日苦は一年
らくはいちにちくはいちねん
意味
楽しいときはすぐに過ぎ去ってしまうが、苦しいときは長く続くものだということ。また、一日怠けて楽をすると、あとで長く苦労しなければならないという意味でも使われる。

楽は苦の種苦は楽の種
らくはくのたねくはらくのたね
意味
楽は苦を生み出す種のようなものであり、苦は楽を生み出す種のようなものであるという意味。楽と苦は常に原因と結果になっているので、楽なときも油断せず、苦しいときも耐えるべきだということ。
類義語
禍福は糾える縄の如し / 塞翁が馬 / 沈む瀬あれば浮かぶ瀬あり

落花枝に上り難し
らっかえだにのぼりがたし
意味
ひとたび散った花は、もう元の枝に戻ることはできない。そこから、いったん壊れた男女の仲は元通りにならないことのたとえ。また、失敗は取り返しがつかないという意味。
類義語
破鏡再び照らさず / 覆水盆に返らず

落花流水の情
らっかりゅうすいのじょう
意味
落花には水に流されて行きたい気持ちがあり、流水には花を浮かべて流れて行きたい気持ちがあるということで、男女が互いに添い合う相思相愛の情のたとえ。
類義語
魚心あれば水心あり / 誘う水あればいなんとぞ思う
対義語
落花情あれども流水意なし

1 - 7 ( 7 件中 ) 


人生 人間 男と女
日常生活 社会 自然
50音別

このページの先頭へ